Team partner

Takuya  Saito

1978年神奈川県生まれ。大学卒業後、2004年にZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイに入社。商品管理を経て2005年にバイヤーに就任。オリジナルセレクトショップEPROZE、ROWGAGE、ZICUE、ZYGORDなどのバイヤーを経て、2010年に国内外のデザイナーズブランドやラグジュアリーブランドを集積したハイエンドECサイトZOZOVILLAの立ち上けに従事する。2014年3月に同社を退社し独立。株式会社en toute libertéを設立し、次世代のファッションを担うために新たな活動を始める。

 

 

 

 

plantica

花に関係するアート、ファッション、ライフスタイル、メディア…それぞれの領域を繋げながら、 スペースデザイン、インスタレーションアート、テキスタイルデザイン、プロダクトデザイン、 アートディレクションまで手がけるクリエイティブスタジオ。近年の代表作に〈NIKE〉「THE SUPER NATURAL RIDE」のパブリックアイコンやグリーンディレクション、 〈LVMH〉「CHANDON」のキービジュアル制作、〈VIVIENNE TAM〉のフラワー・テキスタイルデザイン、 〈TEDxTokyo 2012〉会場ラウンジのボタニカル・ファニチャーデザインなど。日本が誇る花文化の現在形を世界へ発信するため、パリ、ベルリン、ロンドン、モナコ、サウジアラビア、香港など、国内外問わず、精力的に活動している。http://plantica.net/

 

 

 

 Chikage Yoshida

桑沢デザイン研究所卒業後、2006年に独立。グラフィック、WEB、パッケージ、映像などを中心としたブランディングディレクション、デザイン制作から、パーティー、ディスプレイの空間演出などを手がけている。イラストレーションやペインティングで筆を握ることから、webのプログラミングや構築まで行い、アナログとデジタルをミックスさせた独特のテイストで仕事は多岐に渡っている。 東京を拠点に、PCとカメラを持って各地とびまわっている。http://chikage.me/

 

 

 

 

 Tomoki Hiramoto

1987年兵庫県生まれ。2011年慶應義塾大学SFC 政策・メディア研究科 エクスデザイン専攻修士課程修了。在学中にFabLab Japanの発足に携わる。構造設計事務所勤務の後、株式会社prsmの役員を歴任する。3Dプリンタをはじめとするデジタル技術を駆使し、プロダクトからインテリア、空間デザインまでスケールを横断したデザインを行う。また、ものづくりスペースの企画・運営・コンサルティング業務にも取り組み、デジタル技術を使ったものづくりから新しいライフスタイルの発信も行う。著書に 「3D Printing Handbook / オライリージャパン」「僕らの未来を変えるマシン『3Dプリンタ』知る編 / 渋谷ラボ」、「同 使う編 / 渋谷ラボ」など。2013年~桑沢デザイン研究所非常勤講師、2014年~大分県立大分芸術文化短期大学非常勤講師、TEDxTokyo yz 出演。

 

 

 

Hiroyoshi “BINGO” Watanabe
国内外の新進気鋭のブランドを取り扱い”STREET MODE”の発端となった恵比寿〜原宿の伝説的セレクトショップ『HEIGHT』のマネージャー、バイヤーを経て、メンズストリートブランド『MACKDADDY』のプレス兼グラフィック担当に就任。長年勤めた同社を2015年3月に退社。以後フリーのプレス、デザイナーとして活動中。
また、DJ・トラックメイキング・ユニット『HABANERO POSSE』として、国内外でのCDリリース、フェス、クラブなどで活発に活動中。http://habaneroposse.com/

 

 

 

 

柴辻秀彦

有限会社ピースアップ 代表。1989年 音楽専門CS放送局、㈱スペースシャワーネットワークの設立メンバーとして宣伝、プロモーション全般担当。その後、デジタル関連の新規事業の立ち上げに従事する。2004年 ㈲ピースアップ設立。音楽、アニメ、お笑い、クリエーティブ情報などの映像コンテンツの制作から配信システムの構築など、常にコンテンツとネットワークの融合をめざした新規事業のプロデュースを手がける。現在は、音楽や映像配信のマーケティング、プロモーションほか、地域文化産業の活性化のためのネットメディア活用など幅広く活動。

 

 

 

 

阿久津誠治

1976 年生まれ。某セレクトショッ プにてバイヤー経験後、表参道にてショップ立ち上げに参 加し、ディレクター、バイヤーを兼任。2006 年 に㈱カタチを設立し代表取締役就任と共に、自身のファッションブランド「エフィレボル」を立ち上げる。2012 年セレクトショップBINを立ち上げディレクター就任。現在、㈱カタチとして、3ブランド、ショップ2店を運営。

 

 

 

 

 

KIRA

京都出身。コレクションブランドの日本ものづくりのためのサポートなどを手がけ、キュレーション、アートディクションからファッションを軸にしたプロモーション手法までさまざまな企業と取り組みを行っている。伊勢丹新宿本店リ・スタイルギフトとの共同企画『EN FOR ISETAN』のディレクションや、日本の産地の技術を活かしたコラボレート企画『L/RIN』のキュレーション、NYCの合同展示会PRJETCT 内でのブースディレクションなどクリエイティブ・キュレーションの両側面から、これからの時代にフィットする”価値”を運ぶ活動を展開している。

houyhnhnm blog   http://news.blog.houyhnhnm.jp/